スキンケアの際、乳液を使うといいと教えてくれた元カノ。乳液を使うたびに大切なことを思い出す。

乳液がスキンケアを変える!
乳液がスキンケアを変える!

スキンケアで使う乳液が、大切なことを思い出させる。

PAGETITLE
「魅力的な人になればどうすればいいか」。私も年を取ったのかもしれない。最近、そんなことをよく聞かれる。何をもって魅力的とするのかによって、その答えは異なると思う。私の思う魅力的な人とは、相手のことを受け入れることのできる人だ。では、どうすれば数多くの状況に対して、受け入れることができるようになるのだろうか。一番は失敗することだと思う。失敗をすれば、何が悪かったのか、どうすればよかったのかなど、自分自身を見つめなおすきっかけとなる。

私は、お風呂上りのスキンケアとして乳液を使うが、乳液を見るたびに思い出すエピソードがある。もう2年前のことになるが、私はある女性とお付き合いをしていた。もちろん真剣に付き合っていた。将来のことも考えていた。彼女は美容に興味が強かったようで、私にもいろいろアドバイスをくれた。その一つが、洗顔後は化粧水を肌に含ませて、その上から乳液をかぶせるというものだった。顔が乾燥しがちな私を気遣い、そのようなアドバイスをくれた。その女性とは、別れてしまった。すれ違いと言えばそうなのだが、私としてももう少しできたのではないかなと、後から思った。当時の私は、勉強や部活動に追われる日々が続いていた。正直、こちらが最優先で、彼女のプライオリティーはその次だった。しかし、その中でも毎日電話はしていたし、メールも欠かさなかった。私としては精一杯やっているつもりだった。でもそれは彼女には伝わらなかった。今振り返ってみると、彼女に連絡するのはどこか義務感があったような気がする。無意識のうちに、それが出ていたのかもしれない。そして、大切なものは失ってから気づく。彼女が見守ってくれている安心感があったからこそ、私は勉強や部活動に心置きなく取り組めていたのだ。別れてから気づいた。

別れたばかりの頃は彼女を恨んだりもした。でも、今では感謝の気持ちでいっぱいだ。もう会うことはできないけれど、大切なことを気づかせてくれた、恩人だ。この経験があるからこそ、今では失恋した人に共感することができる。本当につらいことだって。このような経験の積み重ねが、人を魅力的にしていくのではないだろうか。乳液を見るたびに、そんな気持ちになる。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017乳液がスキンケアを変える!.All rights reserved.