乳液はスキンケアの仕上げとも言える大事なものです。肌からの水分蒸発を防ぎ外からの刺激も防ぎます。

乳液がスキンケアを変える!
乳液がスキンケアを変える!

乳液で行うスキンケアの仕上げ

乳液がスキンケアを変える!
スキンケアにとって大事なことは保湿です。保湿さえ行えばあとは何もいらないと言った皮膚科の研究科の方がいるくらいです。正しい保湿とはどのようなものなのでしょうか。正しい保湿とは水分をたっぷり与え、それが蒸発しないように保護することです。化粧水をたっぷり付けてそれを乳液で保護する作業がそれにあたります。化粧水はほとんど油分を含みません。ですから肌の浸透しやすいのですが逆にせっかく肌に与えた水分を守り切ることができません。肌からはどんどん水分が蒸発していってしまいます。特に乾燥の激しい冬場などは特に水分はどんどん蒸発していってしまいます。そこで効果の高いクリームなどが必要になってくるのです。こうした油分を含んだコスメは保湿した成分を肌から蒸発するのを防いでくれます。肌に薄い膜を作って乾燥を防ぎます。さらに効果の高いクリームなら外からの刺激からも肌を守ってくれます。肌はいつも刺激にさらされています。アレルギー物質や紫外線、ホコリや温度差などそのような肌に負担となる刺激は本当にたくさんあるのです。

肌は本来自分の力で自らを守る機能を備えています。例えば、汗腺からは透明色の汗が出て、皮脂腺からは皮脂が出ます。この汗と皮脂が混ざり合って天然のクリームを肌の上で作り出すのです。それが肌を守る働きをします。でもこれらの肌の機能は年齢とともに失われて乾燥しがちになってしまったり、ストレスなどでコンディションを崩してしまいます。そこで正しい肌ケアで整えてあげることが大事なのです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017乳液がスキンケアを変える!.All rights reserved.